腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

背骨は腰痛の原因です

腰痛というと、多くの人が経験するものであり、ほとんどの人が一生に一度は経験するとも言われているものなのです。 どうして人間は腰痛になってしまうのでしょうか。 みなさんもご存知でしょうが、今は2足歩行の私たちですが、昔は4足歩行でしたよね。 2足歩行になることによって非常に生活は便利になりましたが、その分腰痛という悩みを抱えるようになってしまったのです。 骨盤というのは少し前方に傾いているため、足と骨盤の軸が平行になるのは難しいことなのです。 骨盤が傾いた状態のまま体全体をたった2本の足で支えなくてはならないということになりますよね。 そうすると、自然と前の方に傾いてしまうことになるのです。 背骨というのは以前は今の形とは異なっていたのですが、長い時間をかけ、前方に傾かないように背骨が形を変えてきました。 多くの方がご存知かと思いますが、背骨は腰部分で弓の形のように曲がっており、背骨のこういった形であることにより、上体は傾かずに立てるという仕組みになっているのです。 背骨は首を持ち上げるという役割も果たしています。 背骨は首を持ち上げるために、前の方に膨らみがあるのです。 このように、腰と首という2箇所はS字形のわん曲になっており、生理的彎曲とも言われています。 腰は重い上半身をそり曲がった背骨で支える必要があります。 また、首も頭を支えている大切な部分ですよね。 この2箇所に負担が掛かることにより、腰痛、肩こりといった症状が起こりやすくなるため、弱点とも言えるのです。