腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

脊椎分離症と脊椎すべり症

腰痛で受診する人の中には、まれに、脊椎分離症や脊椎すべり症と診断される事があります。 それぞれの病気を簡単に説明すると、脊椎の分離症の方は、椎弓の一部が骨折していて、骨が分離してしまった症状です。 椎弓は、数個続いている他の椎弓と組み合わさる事で椎間関節が構成されています。 この椎間関節の上と下のつなぎ目が、何らかの原因で骨折して、それぞれが分離してまう症状なのです。 現在、脊椎分離症は、過度な疲労蓄積による疲労骨折と考えられています。 原因としては、スポーツなどで、腰に負担の掛かるスポーツを継続的に行った場合等、無理をするとなるケースが多い様です。 特に、10代等の若い時に、激しいスポーツをしていた人に多い様です。 腰痛の原因となるのは、第4、5腰椎や、その下の仙骨の間など、比較的、下部の腰椎が多いです。 また、脊椎すべり症とは、分離症によって分離した箇所が、前方へすべり出してしまった症状の事を言います。 長時間、背面に反る様な姿勢をしていたり、座ったり立ったり、同じ姿勢をしていた時になる事がある様です。 ただし、分離症の場合には、必ずしも痛い訳ではない様です。 すべり症の方は、激しい腰痛から、やがて足が痛んだりしびれたり、坐骨神経痛を発症する事がある様です。 更に、滑りかたが大きいと、腰部脊柱管狭窄症を発症する事もある様です。