腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腰痛と関係する脊柱管狭窄症

はじめに、椎骨が組み合わさっている背骨は、腹部側にある椎骨と、背中側にある椎弓から成り立っています。 また、椎体と椎弓の間には、椎間孔というものがあり、この椎間孔は、椎骨が組み合わさる事で管状に構成されていきます。 この管状の部位を、脊柱管と呼びます。 脊柱管狭窄症とは、この脊柱管に通っている、脊髄、馬尾神経、神経根の3種の神経が痛む症状です。 原因としては、脊柱管が何らかの理由によって狭くなり、この神経を圧迫し、脊柱管との間に摩擦が発生してしまい、 痛みが発生します。当然、腰痛の原因ともされる症状の一つです。 腰痛とは、非常に密接な関係にあると言えるでしょう。 それでは、脊柱管狭窄症は、なぜなるのでしょうか。 多くの場合、先天的な理由を除くと、脊椎すべり症や、変形性腰椎症などから派生して発症する事が多い様です。 他にも、動脈性閉塞から、下半身の血行不全が生じ、これが原因となる場合も多いと聞きます。 現代病と言って良いのか、現代の高齢化社会に伴い、患者数が増加している病気なのです。 この脊柱管狭窄症は、腰痛や足の痛み・しびれを主症状とする病気です。 特に、少し歩いただけで足が痛んだり、しびれたりする、間欠跛行という歩行のしかたが見られると、よりはっきりと病気としての 診断率が上がります。ただし、この間欠跛行は、足が痛んだりしびれたりしたら、前屈みになって少し休めばまた歩けるという特性もあり、 つい年齢のせいにしてしまったりと、見過ごされがちです。 少しでも似た様な症状がある時には、しっかりと病院で診察を受けるようにしましょう。