腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腰部脊柱管狭窄症とはどんな病気か

脊柱管狭窄症の主な症状は、腰痛や足の痛み・しびれが代表的です。 また、中でもはっきりと症状が出る特徴的な症状が、間欠跛行という歩くと足が痛くなったりしびれたりするが、 前屈みになって少し休む事で、圧迫された脊柱管が拡がり、少しの時間でまた歩けるようになるという症状です。 もちろん、これは脊柱管狭窄症が治った訳ではなく、痛みが一時的に緩和された現象です。 少しの時間で歩けるようになることから、受診するのを先延ばしにしてしまいがちですが、しっかりと受診して治療しましょう。 脊柱管狭窄症のような症状は、動脈性閉塞でも見られるようです。 見た目の症状は同様ですが、脊柱管狭窄症は神経の圧迫、動脈性閉塞血管の病気ですので、根本的に別の病気です。 ただし、動脈性閉塞の場合には、脊柱管が狭い訳ではないので、前屈みにならなくても、少し休めば歩けるようになります。 何らかの理由により、神経が圧迫されている事があれば、排尿障害などの症状が出ることはあるようです。 今回の脊柱管狭窄症の治療法としては、どんな方法が良いでしょうか。 仮に病院で診断されて治療に入る場合には、エックス線やMRI検査で、さしあたっては、脊柱管と血管どちらが悪いのかを判定し、 脊柱管狭窄症なのか動脈性閉塞なのかを診断します。 この段階で脊柱管狭窄症と判断がつけば、薬物療法や神経ブロックなどで、血行をよくしたりして、腰の痛みの解消をはかります。 あとは、やや腰を曲げた状態で、コルセットの着用も指示されると思います。 これらの処置で症状が改善しない場合、脊柱管を削り広げる手術を受ける事となります。 例えば、しびれたり痛んだりで歩けない場合などの症状です。 手術では、もちろん、脊柱管を拡げて、圧迫されている神経を物理的に改善する事になります。