腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

変形性腰椎症とは

腰痛が悪化すると、変形性腰椎症という病気になってしまう事があります。 この変形性腰椎症は、老化に伴って劣化した椎間板が、背骨にかかる圧力で破壊されてしまい、 これによって間隔が狭くなった椎骨同士がぶつかる事で、摩擦ですり減っていってしまいます。 この段階になると、椎体の周りには、骨棘という余分な骨の増殖が起き、この骨棘が、神経を圧迫してしまうのです。 腰や背中を反らしたり、曲げた時に痛いとか、何かの動作によって背骨に負荷がかかって痛むような時には、変形性腰椎症を 疑った方が良いでしょう。 他に、痛みは無くても、腰が重いとか、だるいという症状もあります。 生活の中では、寝返りをして痛いとか、動作の始め、座っている時や立っている時に痛みがあったりします。 尚、同じ変形性腰椎症でも、骨の変形の程度と、痛みの強弱は関連は無いようです。 変形性腰椎症を発症しても、痛みが無い事もあるようです。 逆に心配するべきは、変形した骨を支える周辺の筋肉の衰えです。 筋肉の支えが弱くなると、骨の負荷を支える事が出来なくなり、慢性的に腰痛や、悪い場合ギックリ腰になったりする様です。 痛みが強い場合には、消炎鎮痛剤や、神経ブロックなどにより、薬物療法を行います。 また、温熱療法と言って、使い捨てのカイロで腰を温めたり、体操をして痛みを和らげるという治療法もあるようです。 痛いからと、ついつい安静にし過ぎてしまうのも考えものです。 大事にし過ぎて、筋肉が弱ってしまうと、腰や背骨を支える事が困難になり、余計に痛みが増してしまうことにもなり兼ねません。 腹筋や背筋は、出来る限り、鍛えるようにしたいものです。