腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腎兪のツボを押して腰痛を治療しましょう

腰痛を抱えている人は多いと思いますが、その人の症状などに合わせて治療法を選んでいくものですよね。 鍼灸や指圧によって腰痛の治療を行うこともありますが、「腎兪」というツボは様々な腰痛に対して効果的です。 腎兪というのは、東洋医学において膀胱経の上にあるツボですが、親指で腎兪を押した場合、左右の肋骨の下端に触れ、 背骨とその肋骨両方の下端を結んだ線がぶつかるところ、そしてへその真裏から、左右へ指の幅2本分戻った部分が腎兪というツボなのです。 腰痛の場合ですと、腎兪周辺を刺激した時、堅いしこりができていることが分かるかと思いますが、このしこりをほぐすということが腰痛の治療法になるのです。 ですから、こぶしをつくってちょうど尖っている部分がツボである腎兪に当たるように刺激してみてください。 少し強めに叩くようにして、1日に2回以上、左右2分程度行ってみてください。 こういった治療法を試してみても、なかなか効果が現われないのであれば、お灸を試してみるのも良いですね。 米粒を例に挙げると、およそ半分の量のもぐさをひねり、円錐形にしてから、倒れないよう底の部分を少しだけ湿らせます。 そして、腎兪のツボ部分にお灸をのせ、火を付けましょうね。 1日5〜7壮を目処に毎日続けることによって、きっと腰痛に対して効果が現われると思いますよ。