腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

湧泉のツボは冷え性に効果的

土踏まずは「湧泉(ゆうせん)」というツボになります。 この湧泉というツボは冷え性に効果的なのです。 東洋医学においては、「腎は腰の腑」と言われています。 つまり、腰と「腎」という部分は関係が非常に深いものであるということになりますが、慢性腰痛の場合、腰が重い、冷えるなどの症状が現われることも少なくありません。 こういった冷え性などの症状は、「腎」の働きが弱くなっているために起こると東洋医学では考えられています。 泌尿器系の働きを果たしているのが「腎」ですが、それだけではなく、生殖器系やホルモン系の働きもあります。 また、体内の水分をまとめて津液と言いますが、この調整をする働きもあります。 ちなみに、体内の水分としては、汗やリンパ液、胃液などがありますよね。 年齢を重ねるにつれ、「腎」の働きは段々と弱くなってしまいます。 そうすると、それに伴って津液の流れも悪化してしまうのです。 結果的に、足や腰が冷えるようになり、腰痛を引き起こすことがあります。 では、冷え性が原因で起こる腰痛の治療法はどういったものなのでしょうか。 腎経というツボを刺激することが効果的だと言われていますが、これは「湧泉」という足の裏にあるツボを始めとし、土踏まずの内へりを通って、足の内側を上っていく部分になります。 この腎経を刺激することで、「腎」が元気になると言われていますので、慢性腰痛の方はこぶしで湧泉というツボを叩いたり、押したりしてみてくださいね。 それによって冷え性が改善され、腰痛の痛みも和らぐと思いますよ。