腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

塩を塗ってギックリ腰を予防する

民間療法として、塩を使うという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 塩は健康に良いと言われているものですが、ギックリ腰の予防にも塩が効果的だと言われています。 それを「塩ぬり療法」と言うのですが、予防方法はいたって簡単で、お風呂に入るときに腰部分に塩をすりこむだけで良いのです。 塩と言っても、自然塩というミネラル分が多く含まれているものを使用します。 どの程度の量をぬれば良いのかと言いますと、1回に塗る量は2グラム程で、最初に石鹸などを使って体を洗った後、湯船に浸かって体がちゃんと温まった時点で湯船から上がり、塩を塗るのです。 次に塗り方ですが、両手に塩を取ったら、背骨に沿って腰全体に行き渡るように塗っていき、塩が自然に溶けるまで待ちます。 塩の発汗作用によって自然と溶けますので、それまで何もする必要はありませんよ。 5分程度経てば溶けてくるでしょうから、表面に残った塩は、シャワーなどできちんと洗い流します。 そしてもう一度湯船に浸かり、しっかりと体を温めてから入浴を終えます。 腰痛からギックリ腰になる場合、背筋を支えている脊柱起立筋や腰方形筋などの筋肉が慢性疲労を引き起こしてしまうのです。 ですから、ギックリ腰にならないためには、こういった腰の筋肉の疲労を和らげる必要があるのですね。 腰に塩を塗ることによって皮膚呼吸が活性化されるため、新陳代謝が向上し、ギックリ腰が予防できますよ。 簡単で誰でもできる方法ですので、ぜひ試してみて下さい。