腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

姿勢矯正体操の効果

最も腰痛になりやすい原因とも言える生活習慣が、姿勢の悪さでしょう。 本来、背骨は、ゆるやかなカーブを描いて腰椎は、やや前曲がりで、骨盤は前の方に、だいたい30度傾いているそうです。 姿勢が悪いと、こうした本来のカーブが保たれず、周辺の筋肉に無理がかかる事で、ストレスとなり、ついには痛みだす、という訳です。 実際、腰痛を訴える方の中に、こうした姿勢の悪さが目立つ人がほとんどなのです。 という事は、この事実を逆手に取れば、姿勢の悪さを直せば、腰痛を治せるのでは?という発想になりますよね。 この姿勢矯正にお勧めなのが、「姿勢矯正体操」です。 姿勢矯正体操は、椅子に座ったまま出来て、当然大変な運動でもないので、やるのは簡単だと思います。 簡単に言ってしまうと、姿勢を正しく座って、背骨の歪みを矯正する、といものです。 体が硬いとか、主に下半身の筋肉が衰えてきた、と自覚している方には得に効果が期待できます。 姿勢矯正体操では、どんな事をするのでしょうか。 胸そらしや、へそのぞき、膝抱え、上体おじぎなどが、実施する内容です。どれも簡単なものばかりですので、 出来ない方はいないと思います。 胸そらしは、悪い姿勢によってちじまった筋肉を伸ばす事が目的です。椅子に座り、胸を前に突き出す様に伸びをします。 へそのぞきは、前方に傾きすぎた骨盤の傾斜を減らす事が目的です。 両足を肩幅よりもやや大きく開き、おなかをへこませて背を丸め、おへそをのぞき込みます。 膝かかえは、股関節の動きを柔軟にして、腰椎の前弯を減らす事が目的です。片足の膝を両手で抱え、わきの下まで引き上げます。 上体おじぎは、縮んだ筋肉を伸ばす目的です。いすに浅く腰かけて両腕を組み、足を肩幅よりもやや大きく開いておじぎします。