腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

歩いて腰痛予防

歩く事が腰痛に効果がある事は周知の事となっていますが、特に早足で歩くと、より一層効果が期待できるようです。 例えば、デスクワークの人は、腰痛になりやすいと思いますが、通勤時に会社へ向く足を少しだけ早く動かして急いでみると、 職業病による腰痛予防に役立ちそうです。 特に早く歩くことで、筋肉を鍛える事が出来、背筋や腰椎を支える筋肉が強くなるのです。 その上、手足を振って歩くと、尚効果的な様です。これは、手と足を逆に動かす事で、腰ひねり体操をしているのと同じ様な効果がある様です。 こうした理由から、早く歩くことが運動としてお勧めなのです。 よく1日1万歩と言ったものですが、早足であれば、1日に5千歩を50分位で歩けば充分だそうです。 歩く際には、姿勢にも気を遣った方が良いでしょう。 おなかをへこませておしりを前に出し、やや前傾で大股に歩くと良い様です。 呼吸は、二〜三回吐いて、一回吸う様にします。 同時に、膝を高く上げて、おしりを左右に振って歩くと、さらに効果が上がります。 また、歩き始める前には、まっすぐ立った状態でおなかをへこませ、つま先立ちを10回ほど繰り返し、 次に、かかとを床につけた状態で、左右のつま先を互い違いに上下に20回ほど動かすと、筋肉のトレーニングとしては最適です。