腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

デスクワーク疲労を緩和するストレッチ

オフィスに勤め、パソコンを使ってデスクワークをしている方も多いと思います。 デスクワークは、腰痛を患う人が多いのもよく知られる事ですよね。 どんなに座り心地の良い椅子にしても、姿勢を良くしても、長時間同じ姿勢を続けると、どうしても腰椎や筋肉に疲労が溜まって 傷みを出す様になってきます。 長時間座っている事で、背中や腰の筋肉に負荷が掛かり、いわゆる凝った状態に成ります。 この筋肉の凝った疲労が蓄積されていくと、硬直した筋肉に毛細血管が圧迫されて、血行が悪くなります。 これにより、体の老廃物がうまく排出されず、周囲の筋肉を刺激して、更に筋肉に緊張状態を強いるという悪循環を起こす、 疲労物質と呼ばれています。 腰痛の最初は、疲労感からはじまり、腰回りが凝る、だるい、痛いなどの症状が出ます。 例えばデスクワークにありながら、腰痛を防ぐためには、仕事の合間でこまめに立つ等して姿勢を変え、軽いストレッチなどをすると 最も効果があります。血行が滞る前に筋肉をほぐし、血行を循環させるという事です。 または、椅子に座ったまま出来るストレッチもあります。 椅子に座ったまま筋肉を伸ばすストレッチで、腰痛に効果があります。 まず、いすの背もたれを利用して体を反り、そのまま10〜15秒ほど静止してから元の姿勢に戻る。これを2〜3回繰り返します。 次に、いすから腰を離さずに体を前に曲げて手を床につける。10〜15秒静止して、元の姿勢に戻る。これを2〜3回繰り返します。 最後に、左足を上に組んで体を右方向へ2〜3回ひねり、足を組みかえて反対方向に2〜3回ひねります。