腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

睡眠中の寝相は腰痛を和らげます

睡眠中の寝相というのは、腰痛を和らげることができます。 背骨というのは、腰部分でS字に曲がっていますよね。 また、地面に対して少し前に傾いているのが骨盤です。 よく腰痛になる人は多いと思いますが、そういう人の場合、腰椎の曲がり具合が普通の人よりも強く、骨盤も通常ですと30度ほどの傾きですが、更に角度が付いているのです。 睡眠中の寝相で腰痛を和らげることができると先ほど述べましたが、どういった寝かたでも良いというわけではありません。 骨盤の傾きをなるべく減らすようにする必要があるのです。 また、腰椎のそりをなくすようにすることも大切ですね。 うつぶせになって寝る方もいると思いますが、これは腰痛にとって良くありません。 腰椎のそりが余計に強くなってしまい、骨盤の傾きも大きくなってしまうのです。 ですからうつぶせのまま寝てしまうのも良くありませんが、うつぶせで本を読んだりする人はなるべくうつぶせを避けるようにした方が良いでしょう。 また、あおむけの姿勢でも、両足を伸ばす、背筋をのばす、腰の下に柔らかいものを当てるなども避けるようにしましょう。 ではどういった寝かたが良いのかというと、脇腹を下向きにするようにする寝かたです。 つまり、横向きになって寝るということですが、特に膝を曲げ、背中を丸めるようにすると更に効果的です。 腰痛予防になりますので、ぜひ行ってみてください。