腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

安静にすることは腰痛でギックリ腰になった場合に大切です

筋肉の慢性疲労が原因で腰痛症が起きてしまいますが、ギックリ腰は急性の痛みを伴いますよね。 中腰の状態から急に立ち上がった時になることもあれば、重い物を持った時、くしゃみをした時などになることもあります。 ギックリ腰は急な動きをした時に生じる激痛を指しますが、骨の異常ではありませんので、X線写真に写ることもありません。 ギックリ腰は「腰痛捻挫(突発性腰痛)」と呼ばれています。 では、ギックリ腰が痛む原因はなんなのでしょうか? 背骨の後ろ側には、小関節という椎骨と椎骨を結んでいる部分があります。 この部分が外れかけることによって関節包という関節をおおっている袋が挟まれてしまい、痛みが生じることがあります。 背骨を繋いでいる靭帯が無理やり引き伸ばされる、関節板に小さな傷がつくなども原因の1つですし、筋肉が肉離れ状態になってしまい、引っぱられている可能性も考えられます。 痛みが非常に強いのがギックリ腰ですが、安静にしておけば治りやすいと言えます。 2〜3日なるべく体を動かさないようにして安静にしておけば、ほとんど腰痛はなくなるでしょう。 ただし、当然ですが安静にしておかなければ再発してしまう可能性もあります。 それを繰り返していると椎間板ヘルニアになる可能性もありますので、背筋、腹筋を鍛えて予防しましょう。 ただ、ちゃんと安静しないと、再発を繰り返し、椎間板ヘルニアになることもあります。 また、中腰で物を持ち上げるなど、急な動きをしないように心がけることも大切ですね。