腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

骨折、骨粗鬆症は高齢者に多い症状です

日本は高齢化社会と言われていますが、骨粗鬆症という骨折は高齢者に起こることが多いと言われていますよね。 腰痛だけでなく、骨粗鬆症も社会問題として取り上げられているのをご存知でしたか? 骨粗鬆症の推定患者数がどの程度かというと、1,000万人以上にもなると言われており、大腿骨頸部や脊椎が骨折したことが原因で、およそ10万人もの高齢者が寝たきりになったのです。 では、これらの骨折の原因はなんなのかというと、骨粗鬆症だと言われています。 身長が低くなる、背中が丸くなる、そして骨が弱くなるなどの症状が現われるのが骨粗鬆症です。 骨粗鬆症になると、腰痛も生じます。 骨粗鬆症になった場合は、ちょっとつまずき、転倒してしまっただけでも骨折してしまうことがあります。 手首、太ももの付け根などの部分を骨折する場合が多いですね。 ではなぜ高齢者に多いのかと言いますと、運動不足、カルシウムやビタミンDが不足するということも要因の1つです。 高齢者の中でも更年期の女性の場合には、女性ホルモンであるエストロゲンが徐々に減ってしまいます。 そうすると、カルシウムの量が減少してしまうために、骨粗鬆症になるのは男性よりも女性の方が多いと言われています。 高齢者の女性と言っても、早いと40代から症状が現われ、骨粗鬆症の患者は80代の女性の3人に2人という高い確率であるとも言われています。