腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腰痛と関わる骨粗鬆症を予防するには

骨粗鬆症は、腰痛と関係があると言われています。これを予防するには、若い時から対策した方が効果的です。 例えば、骨塩量とカルシウムは、加齢とともに徐々に減っていきます。この信仰を遅らせる為に、 食生活で充分に配慮し、骨塩量とカルシウムを若い間に蓄えるというのも有効な手段です。 この時に、カルシウムの吸収率を高める為、ビタミンDを摂取すると良い様です。また、骨を強固にする様な運動もある 様なので、それらも試みてみるべきでしょう。とにかく、予防策は何かとやるに越した事は無いという事です。 カルシウムの摂取で効果的で効率的なのは、牛乳でしょう。 それでは、逆に骨健康の上で悪い事は何でしょうか。喫煙とコーヒーだと言われています。 また、本来栄養分を蓄えるべき若年層で、過度なダイエット等をする事によって、骨塩量が増やすどころか減ってしまって、 骨粗鬆症の起因原因となり得ます。 骨粗鬆症は、カルシウムを1日1000mg摂取し、屋外で日光を浴び、1日に2〜3kmは歩く位の運動をする、が予防策の3本柱です。 そうして努力していても、念のため、40代になったら、骨塩量を測定してみましょう。 骨粗鬆症になると、全体的に骨折しやすくなりますが、特に、太もものつけ根と背骨がウィークポイントとなります。 転ぶ事さえも命取りとなりますので、本当に注意が必要です。 もしも、骨粗鬆症になってしまったら、カルシウムや、ビタミンD製剤、ビスホスホネート製剤を摂取し、 他には、女性ホルモンの補充療法などが治療効果があるでしょう。