腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腰痛症はなぜ起きてどんな症状か

腰痛症は、多くの場合、運動不足や、これから起こる肥満、筋肉の弱体化、慢性疲労から起きます。他には、ストレスや悪い姿勢も 関わります。これらの全てが腰痛症と呼ばれている病気の症状なのです。 腰痛症の症状は?と聞かれると、一言で言うと原因不明の症状、となってしまいます。 人によって発症の仕方は様々である為です。たいていが、骨の異常等からくるものではありません。 ですから、レントゲンを撮っても、異常は見つからないでしょう。また、診断された方の話を聞くと、内臓等、他に疾患が無いのに、 腰痛だけは発生している、という方が多いのです。 ただ、生活習慣は大きく関与している様に思われます。 例えば仕事で、一日中中腰の姿勢の人や、一日中座っている人は、筋肉の疲労が蓄積され、腰痛になりやすい様です。 筋肉疲労により起きている、筋肉の痛みなのかも知れませんね。 背骨付近の筋肉も、同じ姿勢を取り続ける等して筋肉の緊張状態が続くと、血流が悪くなり、痛みとなってやがてそれが腰痛になるという 事もある様です。 腰痛はたいてい慢性的に起きますが、この場合には、腰が痛い、重い、だるい、といった症状が出ます。 身体が冷えた様な時にも腰痛がひどい、という方がいますので、やはり血流に起因する症状なのでしょうね。