腰痛

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腰痛は、内臓などによっても起きる

腰痛の原因として、内臓の病気である事があります。腰痛は内臓の病気による症状である場合に気づくものです。 自分は腰痛が痛いから病院に行ったら、内臓の病気が見つかったり、という事です。 当然、腰痛も内臓の病気も見つかった場合には、重大に成り得る内臓の病気の治療を優先し、その経過を見ながら腰痛の治療となるでしょう。 腰痛が何かの病気の付随症状なのか、それ単体の症状なのかの見極めが必要ですね。 腰痛は、普通整形外科ですが、ここで異常が無いのに痛い、という場合には、念のため、内科の受診もしておくと安心ですね。 病気の可能性は挙げるとキリがありませんが、例えば、胃から十二指腸、胆石に胆嚢炎、それから膵臓炎などの病気が多く見られます。 症状としては、腹痛や血便、吐き気や嘔吐などがある様です。 他にも、尿路・腎結結石や腎盂腎炎、遊走腎、前立腺ガンなどが原因として考えられます。 症状としては、排尿障害や血尿が発症する様です。 また、婦人科系の疾患だと、子宮内膜症や子宮ガンがある様です。この場合には、おりものが増え、不正出血があって分かる様です。 まだ他にも、心筋梗塞が起きた場合には、背痛や腰痛が出ます。 解離性腹部大動脈瘤によっても、下腹部と腰に激痛が起こる事がある様です。